« UKcocolog | トップページ | 「大人のための文章法」読了 »

2003.12.10

「「わからない」という方法」読了

何を思ったか,本を読んでみることにした。
今までは,ミステリを中心だったけど,色入りなもんに手を出そうかと。

で,この本を読んで,なんとなく,清水義範を思い出した。どこがとはわからないけど,作風というか話の展開からそんな印象を受けた。

書いてある内容自体は特別な話ではない。事例自体は特別だったりするけど,意図する部分は至極当然と思う。ただ,この本の中の「身体」って表現がなんとなく捕らえきれなかった。

最後まで読むと,賢いなんだと感じた。

ところで,そこら中の書評を読むと,文章がくどいらしい…
#って,僕はぜんぜんそう感じなかったんだけど…

|

« UKcocolog | トップページ | 「大人のための文章法」読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3881/17941

この記事へのトラックバック一覧です: 「「わからない」という方法」読了:

» 【書名】 「わからない」という方法 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 「わからない」という方法 [集英社 2001/04/22] この本の要約 ↑ 関連情報 ... [続きを読む]

受信: 2004.03.15 01:21

» 【書名】 「わからない」という方法 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 「わからない」という方法 [集英社 2001/04/22] この本の要約 ↑関連情報 「わからな... [続きを読む]

受信: 2004.06.14 05:46

« UKcocolog | トップページ | 「大人のための文章法」読了 »